ubuntuでsnmptrapdを起動する


ubuntuのsnmptrapdのインストールや起動方法がcentos等と少し違うのでメモ。

sudo apt-get install snmpd
sudo vi /etc/default/snmpd
---
TRAPDRUN=yes
---

sudo vi /etc/snmp/snmptrapd.conf
---
traphandle default /usr/bin/logger

doNotLogTraps no
doNotFork no
pidFile /var/run/snmptrapd.pid
authCommunity log,execute,net public
disableAuthorization no
---

sudo /etc/init.d/snmpd restart

ps -ef |grep snmptrap[d]

sudo snmptrap -v2c -c public localhost '' .1.3.6.1.4.1.311.1.1.3.1.2 .1.3.6.1.4.1.311.1.1.3.1.2 s "test trap"

tail /var/log/syslog

snmptrapd.confの中身ですが、
traphandle がイイカンジに使えまして、指定したコマンドにパイプ渡ししてくれるのです。こうしておけばsyslogに出力されるので便利です!
自作シェルにも渡せるので、 apt-get install snmp して、 /usr/bin/traptomail がインストールされるので、それを参考に自作してみては如何でしょうか?!

traptomailを使う場合は /etc/snmp/snmptrapd.confのtraphandleを以下の様に書けばOKです。

traphandle default /usr/bin/traptoemail -f < メールのfrom> -s < 送付先メールアドレス>
,