Windows10でUM-1Xを使う

UM-1XをWindows10でも使えるようにする

  1. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「PCの起動をカスタマイズする」→「今すぐ再起動する」
  2. オプション画面で「トラブルシューティング」を選択する
  3. 「スタートアップ設定」を選択する
  4. 「ドライバー署名の強制を無効にする」という文字があるが後でこれを選択する。今は「再起動」を押す
  5. 再起動すると、「7. ドライバー署名の強制を無効にする」が選べるので選択する
  6. ドライバをダウンロードする
    INF書き換え版ドライバ
  7. USBケーブルを指すと不明なドライバとして認識される
  8. 「設定」→「デバイス」→「接続中のデバイス」→「デバイスマネージャー」→「不明なデバイス」→「ドライバの更新」
  9. 「コンピュータを参照してドライバソトフウェアを検索します」を選択し、ダウンロードしたファイルを展開したホルダを指定する
  10. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」の一覧の中に、UM-1と表示されていればOK

RDIF1009.INFの書き足された箇所は以下の通り。

ちなみに、ubuntu15.10では、UM-1Xは指しただけで認識され、Rosegardenなどで普通に使えます。


Windows10でWifi(無線LAN)がよく切れる

Windows10にしてからWifiがよく切れる。しかも、まさに今まで使ってたやん!ってときにもばさっとやられる。
古いPCなのでメーカサイトに行ってもWindows10のドライバが用意されていない。
んで、しらべてみました。
以下の通り設定変更をすると、とりあえず切れずに動いています。

  1. 設定を開きます
    wifi-01
  2. デバイスを選択します
    wifi-02
  3. デバイスマネージャを選択します
    wifi-01-1
  4. 「ネットワークドライバー」の無線LANのデバイスを右クリックして「プロパティ」を開きます
    wifi-03
  5. 「電力消費の最小化」を「Disable」する
    wifi-04
  6. 「WMM」の設定を「Disable」する
    wifi-05
    ※↑たぶんこれが効いている

同じような症状でしたら、一度お試しください。


Windows10の文字入力がささる(フリーズする)

日本語入力をしていると途中でささったように止まって(フリーズして)何もできなくなる現象がでました。
たぶんIME関係だろうなぁと思っていたら、まさにその通り。
どうも入力の予測をするために、検索をしているようで、それが遅くなるようす。

予測をしないという選択肢もあるようですが、辞書の学習がわるくなるようで、数字を増やして対応するのが良いようです。

  1. IMEのアイコンを右クリックしてプロパティを出す
    IME-slow-00
  2. 詳細設定を選択する
    IME-slow-01
  3. 予測候補を表示するまでの文字数を最大の15にする
    IME-slow-02