imapをつかったDoCoMoからGmailへの転送ツールの作成

概要

例えば、プロバイダメールや、スマホメールをGoogleメールに集めたい。でも、Gmailでは、POP3による外部メールの取り込み機能はあるけど、IMAPで取り込みが出来ない・・・
そんな時に以下のスクリプトをどこかに仕掛けておけばOKです!
私は使っていませんでしたが、昔imodeのメールを転送するサービス「imoten」というのがあったようですね。今回のツールはメールを転送するものではなくて(結果そうなっているように見えますが)クライアント動作として、source側からIMAPでとってきて、destination側にIMAPで差し込みをしちゃうだけのツールになります。

事前準備

imap接続に際して、以下の準備が必要です。

  • Gmailの設定で、IMAPアクセスの項目で、IMAPを有効にするを選択
  • googleアカウントの設定で、安全でないデバイスからの接続を許可
  • 各種スマホメールをWifiなどのインターネット経由で閲覧可能にする

手順概要

  1. スクリプトファイルを設置する
  2. cronの設定をする

手順

  1. スクリプトファイルを設置する
    ココでは、設置するファイル名を mailrelaytool.php と、します。
    また、phpは imap, sslをコンパイル時に利用できるようにしており、imap.soをphp.iniもしくは実行時のextensionの設定で利用できる状態である事とします。
    以下のプログラムを /home/USERNAME/bin/mailrelaytool.php に設置したとします。

    ※ここでミソはgmailはPLAINに対応していない事です!
  2. cronの設定をする

    ※cliのphp.iniにextension=imap.so の記述があれば、「-d extension=imap.so」の部分は不要です。

以上です!

その後、修正版。2重起動防止。いつ発動しても良いように、前回取得時間を記憶するようにした版
エラー処理とか手抜きなので、使う時には直してね!


nginx+php5-fpmで504や104のエラーが出たら・・・

504のエラーが出た場合

client—①—nginx—②—php5-fpm—③—mysql

上記の構成として、この場合、②においてnginx—>php5-fpmでphp5の処理が遅くnginxが切断してしまった。
という事なので、nginxのfastcgiのtimeout値を伸ばしてあげる必要があります。

例えば、以下のようなファイルを作成して、nginxを再起動します。

※reloadでも良いかもしれません

104のエラーが出た場合

client—①—nginx—②—php5-fpm—③—mysql

において、php5が処理時間がかかってしまって、nginx—>php5-fpmにクエリは投げられたけど、nginx< ---php5-fpmに返す際に、php5-fpmがコネクションを切っちゃったケース。

php5-fpmのプロセスが足りない場合
→ /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf : pm.max_children = 5 や、pm.max_spare_servers = 3を増やす
※ pm = dynamicを確認

mysqlの接続数も増やす 5×3=15だったのを増やした分だけ接続できるように!

ここにイイカンジでまとまってました。


Dockerで複数プロセスを扱う場合

Docker入門 Immutable Infrastructureを実現するを読んでおくと、理解が早いかもしれません。電子書籍だとタブレット一つで沢山持ち歩けるので便利ですよねd(^ー゜*)

概要

ココでは、ubuntu で、supervisorを用いて、nginx + php-fpm + postgersql を一つのdockerコンテナで、起動する方法を残します。ついでにsshでログインできるようにもしておきます。
Postgresqlは、imageを作成する際には、/var/share/pgsqlがVOLUMEマウントされていない状態なので、あえてここでDBの初期化等行っていません。HOST上の(永続化データ)を復元してから起動する想定になっています。
なので、事前にpostgresql9.3のDBをどちらかで作成してHOST側で /data/docker-share/webapp/pgsql 以下に配備しなければ、このコンテナを起動した際に、コンテナにsshして、supervisorctl status するとpostgresqlがFAILDとなっています。

この辺り、運用との絡みも出てくるので、ココでは触れません。
postgresqlのユーザIDは、apt-get install する際に100から順にインクリメントされた値となるようで、HOST側でchownしてもダメかも。また、Dockerfileではまだマウントされていないので、chownできない。
まだまだ、課題がのこっていそう。

環境

項目 内容
OS Ubuntu 14.04.3 LTS
middle ware nginx/1.4.6 (Ubuntu)
PHP 5.5.9-1ubuntu4.11
postgres (PostgreSQL) 9.3.9
ssh
docker version 1.5.0
ボリューム共有 HOST: /data/docker-share/webapp/
DOCKER: /var/share/

ファイル構成

 ./

  • Dockerfile
  • setfiles/
    • default
    • fastcgi.conf
    • supervisor/
      • cron.conf
      • nginx.conf
      • pgsql.conf
      • php.conf
      • ssh.conf

 

手順概要

  1. Dockerfileを作成する
  2. nginxの設定ファイルを作成する
  3. php-fpmの設定ファイルを作成する
  4. nginxのsupervisorのconfファイルを作成する
  5. cronのsupervisorのconfファイルを作成する
  6. php-fpmのsupervisorのconfファイルを作成する
  7. postgresqlのsupervisorのconfファイルを作成する
  8. sshのsupervisorのconfファイルを作成する
  9. docker buildする
  10. docker run して確認する

詳細手順

  1. Dockerfileを作成する
  2. nginxの設定ファイルを作成する
  3. php-fpmの設定ファイルを作成する
  4. nginxのsupervisorのconfファイルを作成する
  5. cronのsupervisorのconfファイルを作成する
  6. php-fpmのsupervisorのconfファイルを作成する
  7. postgresqlのsupervisorのconfファイルを作成する
  8. sshのsupervisorのconfファイルを作成する
  9. docker buildする
  10. htmlファイルが無ければ

    postgresql9.3のデータベースのバックアップを戻しておく

  11. docker run して確認する

雑記

「君は「これまで」と「これから」を心配しすぎなんです。
言うでしょう?
昨日とは過去のもの、
明日とは未知のもの、
今日の日はもうけもの。
それは天の贈り物。」
@カンフーパンダ ウーグウェイ導師

The clock is running. Make the most of today.
Time waits for no man.
Yesterday is history.
Tomorrow is a mystery.
Today is a gift.
That’s why it is called the present.
@Alice Morse Earle 「Sun Dials and Roses of Yesterday: Garden Delights.」