RuntimeBroker.exeとは何ですか?

RuntimeBroker.exeとは?

ストアアプリの資源の監視をしているらしい。HDD中のファイルを探索しようと頑張るのでCPUもメモリも大量消費するらしい。タスクマネージャで強制停止するのではなくて、サービスで停止をして止めるのが良いらしい。

Windowsセキュリティのメッセージ

15分間隔で、ブロックのメッセージが出力されていた。

身に覚えがないし、失敗している所が、自身のアカウントの画像のディレクトリのアクセスという、これまた気持ち悪い。取得してどうしようとしてたのだろうか。。。

停止手順

Windows10 Homeでの停止手順を紹介します。

「スタート」を右クリックして、「コンピュータの管理」を選択します。

「サービスとアプリケーション」を選択して、「サービス」を選択

右側の「Time Broker」を右クリックして、「停止」を選択すると、「状態」が空白で、「スタートアップの種類」が「手動」に代わっていれば完了!

XAMPPのapacheへ別のPCから接続する時のWindowsファイアウォールの設定

XAMPPのインストール後、Apacheを初起動したときに、パブリックからのアクセスではなく、プライベートをえらんじゃって、後で別のPCから接続して確認したいのにつながらないとかなっちゃった場合の対処方法です。
といいますか、単に、Windowsファイアウォールを許可設定にするだけです。

  1. 設定画面から「ネットワークとインターネット」を選択します
    FW-01
  2. 右側のページの下の方「Windowsファイアウォール」を選択します
    FW-02
  3. 「受信側の規則」で、XAMPPのApache HTTP ServerのTCPをダブルクリックします
    FW-03
  4. 「接続を許可」にして、OKを押します。
    FW-04

これで繋がるようになったのではないでしょうか。お試しあれ!