ethereumをeth-netstatで状態監視する

ethereumをeth-netstatで状態監視する

完成イメージ

仕組みはこんな感じ


※dockerコンテナをホスト側から操作するので各gethのポート番号は異なります。

監視対象はこちらで作成したdockerコンテナ
API(eth-net-intelligence-api)とWeb(eth-netstats)はdockerのホスト上に設置します(dockerコンテナ化出来たらまた刷新するかも)

共通

eth-net-intelligence-apiのインストール

eth-netstats

ブラウザで http://localhost:53000/ で接続できる。

docker環境のethereumをプライベートで接続する

docker環境のethereumをプライベートで接続する

IPアドレスを調べる

※admin.addPeerする際にホスト名ではなく、IPアドレスが必要

疎通を確認

node02のnodeInfoを取得

node01からnode02へ接続

node02で接続を確認する