RHEL6.5(RedHat Enterprise Linux 6.5)にDockerをインストールする

概要

  1. リポジトリの登録
  2. リポジトリ設定ファイルの変更
  3. yumのupdate
  4. device-mapperのバージョンアップ
  5. docker-ioのインストール
  6. dockerの起動

    前提

    • インターネットへのアクセスが出来る事
    • インストールするdockerのversionは 1.6.2(最新版である事)
    • kernel version が 2.6.32-431以上である事
    # uname -a
        Linux HOSTNAME 2.6.32-504.1.3.el6.x86_64 #1 SMP Fri Oct 31 11:37:10 EDT 2014 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
    

    詳細

  1. リポジトリの登録
  2. fedoraのEPEL6のyumパッケージを使えるようにします。

    # rpm --httpproxy  --httpport  -ihv http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
    
  3. リポジトリ設定ファイルの変更
  4. mirrorlistのhttpsサイトへつなぐ証明書が古い為か、つながらないので、baseurlを用います。

    # vi /etc/./yum.repos.d/epel.repo
    ---
    #baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
    mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
    ---
      ↓
    ---
    baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
    #mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
    ---
    
  5. yumのupdate
  6. # yum update -y
    
  7. device-mapperのバージョンアップ
  8. 今回のメイン所です。RHEL6.5でdockerは正式サポートされていません。githubでも、panicして起動しない旨の書き込みが散見されます。

    # rpm -U http://rpmfind.net/linux/centos/6.6/updates/x86_64/Packages/device-mapper-libs-1.02.90-2.el6_6.3.x86_64.rpm \
             http://rpmfind.net/linux/centos/6.6/updates/x86_64/Packages/device-mapper-event-1.02.90-2.el6_6.3.x86_64.rpm \
             http://rpmfind.net/linux/centos/6.6/updates/x86_64/Packages/device-mapper-event-libs-1.02.90-2.el6_6.3.x86_64.rpm \
             http://rpmfind.net/linux/centos/6.6/updates/x86_64/Packages/device-mapper-1.02.90-2.el6_6.3.x86_64.rpm
    

    ※そもそもインストールされていなければ、rpm -i でインストールしてください。

  9. docker-ioのインストール
  10. # yum install docker-io
    
  11. dockerの起動
  12. # chkconfig list docker
    # service docker start
    # ps -ef | grep docke[r]
    

    無事起動しましたか?

おまけ

docker imagesの保存先はデフォルトで /var/lib/dockerになっていますが、/etc/sysconfig/docker に

other_args="-g /data/docker"

等で、保存先を変える事ができますよ!