OTRS4をubuntuにインストール♪

OTRSのインストール

メモ書きですー

参考:  https://otrs.github.io/doc/manual/admin/stable/ja/html/manual-installation-of-otrs.html

apt-get install \
 libapache2-mod-perl2 \
 libdbd-mysql-perl \
 libtimedate-perl \
 libnet-dns-perl \
 libnet-ldap-perl \
 libio-socket-ssl-perl \
 libpdf-api2-perl \
 libdbd-mysql-perl \
 libdbd-pg-perl \
 libsoap-lite-perl \
 libgd-text-perl \
 libtext-csv-xs-perl \
 libjson-xs-perl \
 libgd-graph-perl \
 libapache-dbi-perl \
 libtemplate-perl

wget http://ftp.otrs.org/pub/otrs/otrs-4.0.5.tar.bz2
bzip2 -dc otrs-4.0.5.tar.bz2 | tar xf -
mv otrs-4.0.5 /opt/otrs
perl /opt/otrs/bin/otrs.CheckModules.pl

apt-get install libdigest-md5-file-perl

useradd -d /opt/otrs/ -c 'OTRS user' otrs
usermod -G www-data otrs
cd /opt/otrs/
cp Kernel/Config.pm.dist Kernel/Config.pm
cp Kernel/Config/GenericAgent.pm.dist Kernel/Config/GenericAgent.pm

perl -cw /opt/otrs/bin/cgi-bin/index.pl
perl -cw /opt/otrs/bin/cgi-bin/customer.pl
perl -cw /opt/otrs/bin/otrs.PostMaster.pl

apt-get install apache2 libapache2-mod-perl2
cp /opt/otrs/scripts/apache2-httpd.include.conf /etc/apache2/conf-available/otrs.conf
cd /etc/apache2
ln -s /etc/apache2/conf-available/otrs.conf /etc/apache2/conf-enable/otrs.conf
ln -s /etc/apache2/mods-available/perl.load /etc/apache2/mods-enabled/perl.load

/etc/init.d/apache2 restart

cd /opt/otrs/
bin/otrs.SetPermissions.pl --web-group=www-data

Browserで以下のURLにアクセス

http://localhost/otrs/installer.pl
  1. 右下の Next
  2. 右下の 同意する
  3. mysql & Create a new database for OTRS
  4. mysqlのアカウント root パスワード ****
    設定を確認
    otrsDBのアカウント otrs パスワード *****
  5. メールの設定(今回はスキップ)
    スタートページ:
    http://localhost/otrs/index.pl
    ユーザー:
    root@localhost
    パスワード:

OTRSの Plack化 or Starman化

http://blogs.perl.org/users/rodrigolive/2010/06/otrs-on-plack.html

Amazon aws EC2をLaunchしてみたよ♪

AmazoneのEC2というVPSを立ち上げてみましたよ♪

EC2は最初750時間程無料でつかえちゃいます!
で、さっそくつかっちゃいました。

ここでは、ストレージは揮発の状態(追加ストレージなし)で設定してみました。
とりあえず、起動して使える所まで、参考になればいいな~o(^▽^)o

ログインして、左上の Service v から、EC2を選択して、↓の画面からLaunch Instanceを選択
EC2-startup-01

 

起動するOSを選択します♪私が普段使っているOSのubuntuを選択してみました~
EC2-startup-02

 

今回は無料の範囲で使える t1.microを選択します。今回はストレージの追加など無しなので、Review and Launchを選択します。
EC2-startup-03

 

作成するインスタンスの確認画面がでます。もうすぐ完成ですo(^▽^)o
今回はsshでログインできればそれでいいので、SecurityGroupはポート22のsshだけにしておきます。
ここは、あとでも変更可能です(・∀・)
EC2-startup-04

 

んでもって、Launchしたら、sshでログインするためのKEYを作成します。
ここで作成してダウンロードしたKEYはなくさないように!
EC2-startup-05

 

これで作成完了~♪おめでとう~o(^▽^)o
EC2-startup-06

 

出来上がったインスタンスの詳細は以下で確認できますよ♪
EC2-startup-07

 

ログインはTeraTermでsshでログインできます。

ユーザ名 : ubuntu ←ubuntuのOSを選択した際のデフォルトユーザです!
パスワード: なし
RSA/DSA鍵を使う: ダウンロードしたpemファイルを指定

ログイン後、このままだと、パスワードなしになっちゃうので、

passwd ubuntu

パッケージリストの最新化

sudo apt-get update

dockerを利用したいのでインストール

sudo apt-get install docker.io

 

今回ストレージを指定していないので、停止しちゃうと、内容が消えちゃいますのでご注意!
EC2-startup-08
EC2-startup-09
ココを参考にさせて頂きました~
http://qiita.com/tuboc/items/38da97cb96b2ebc69f88
・ http://www.agilegroup.co.jp/technote/ec2-instance-create.html