docker環境のethereumをプライベートで接続する

docker環境のethereumをプライベートで接続する

IPアドレスを調べる

※admin.addPeerする際にホスト名ではなく、IPアドレスが必要

疎通を確認

node02のnodeInfoを取得

node01からnode02へ接続

node02で接続を確認する

dockerを使ってethereumのプライベート環境をつくる

dockerを使ってethereumのプライベート環境をつくる

  • Docker version 17.05.0-ce, build 89658beで構築しています
  • ethereum/client-goのdockerイメージを使います
  • Host側とはport番号を変え接続します。環境を2つ作ります
    • node01:port8546,port30304
    • node02:port8547,port30305
dockerのプライベートネットワークを作ります。

イメージをpullする

データの永続化用保存先を作成

プライベート用のgenesisを作成する

  • nonce : アカウントが発行したトランザクション数
  • difficulty : マイニングの難易度。
  • alloc : 初期状態で特定のEOAにetheを割り当てたりできる
  • coinbase : minerのアカウント。仮で設定している
  • parentHash : 親ブロックのハッシュ。今回は初期
  • extraData : 任意の値(関連値の保管用)

初期設定
node01

node02

起動
node01

node02

node01のgethに接続してアカウントを作成して採掘を開始する
node01

node02